奨学金最新ニュース

昨今の奨学金問題がいよいよ少しずつ改善へと向かってきました。

2017年1月31日、政府が動き始めています。

こんなニュースがありました。

◆「給付型奨学金」法案提出…民間の寄付も財源に

政府は31日、低所得世帯の大学生らを対象とする返済不要の「給付型奨学金」を創設するため、日本学生支援機構法改正案を閣議決定し、国会に提出した。


 改正案には、同機構に給付型奨学金の基金を設け、国庫からの積立金と民間からの寄付を財源に運用することを盛り込んだ。

 給付型は、住民税非課税世帯の新入生のうち、高校側が成績や課外活動での成果を基準に対象者を決める。

 2017年度は、親元を離れて下宿先から私立に通う学生と、児童養護施設出身者の計約2800人に先行して給付する。本格実施される18年度以降は、1学年約2万人に月額2万~4万円を給付する。政府は財源として17年度予算案に70億円を計上した。

 給付額の内訳は、自宅から国公立に通う場合は月額2万円、自宅から私立に通う場合と下宿先から国公立に通う場合は3万円、下宿先から私立に通う場合は4万円とする。国立大で授業料が免除される場合は、下宿生のみに2万円を給付する。児童養護施設出身者は入学時に24万円を追加する。


今後の動きに期待しましょう。