自己破産は最後の手段だがそれほど絶望的というわけではない

自己破産は法律の力を借りて、自分が持っている財産のうち最低限のもの以外はすべて債務者に分配する制度です。

その替わりに借金は全額チャラになるのです。
 

財産は根こそぎ持っていかれ、会社を首になったり、アパートを追い出される、選挙権がなくなる、海外旅行に行けなくなる、などと誤解もされていますが、そんなことは全くありません。

もともと借金で首が回らなくなった人に、新たな人生のスタートを切ってもらうたびに作りだされた制度ですから絶望的というわけではないのです。
 

ただ自己破産をすると、信用情報機関にブラックとして登録されてしまいますから、およそ5~10年、銀行や消費者金融から借金したり、クレジットカードの発行を受けることが難しくなります。

しかし、銀行や郵便局に預金をしたり、公共料金の引き落としができなくなるわけではありません。

再生計画である自己破産は最後の手段ですが、それほど絶望的というわけではないのです。

もちろん、そんな事にならないよう、十分注意して借り入れはおこないましょう!